トウキョウマインドシアターについて

・ 主宰 /脚 本 小林 白虎 (こばやし きよたけ)
高校から演劇を始める。 大学では坂口安吾作『桜の森の満開の下』(1947)などを脚色・上演。 ニューヨーク大学大学院演劇専攻修士修了。リー・ストラスバーグ・ シアター・インスティチュートにおいて俳優修業。 脚本はTBSドラマ「女系家族」を手がけた清水曙美に師事。

・演出  薮下 亜佐美(やぶした あさみ)
4 歳よりバレエを始め、高校在学中は新体操にて優秀な成績を修める。大学卒業後は幅広いジャンルのダンスを学び、劇団四季に入団。ライオンキングなど多数の舞台に出演する。退団後は各方面にてダンスや演技の指導を行い、未来のスターたちの 育成にも力を注いでいる。
NPO 法人総合芸術支援協会理事、アートマネジメント講座講師。
芸術管理運営実務士。
日本アートビジネス学会理事。
axis enjoy dancing代表。

第一回公演「トウキョウ女の成長戦略?」について

・出演者 (五十音順)

青木満理子(富山中部高校演劇部 2011 卒)
来栖梨紗(富山第一高校放送演劇部 2011 卒)
谷原こうすけ(富山第一高校放送演劇部 2009 卒)
藤井美里(呉羽高校音楽コース 2012 卒)
柚木彩香(富山中部高校演劇部 2009 卒)

出演者Profile詳細はこちら
http://tokyomind.wix.com/tokyo-mind-theater#!blank-1/fcb25

・あらすじ
新規事業プロジェクトリーダーのミキのマンションに、独身のユリ、離婚歴のあるルミ、後輩のカナが集まって、恒例の麻雀を始める。
彼女たちは、卓を囲んで交流をはかり、関係の構築、調整を行ってきた。
そこにミキの会社の派遣社員のカズが登場して…。

・公演日程、場所
2016 年
8月16日(火) 14:00 開演 / 19:00 開演
8月17日(水) 13:00 開演 (3回公演)

チケット¥ 1,000 全席自由 7月1日前売り開始予定

富山県民小劇場 オルビス(富山市桜町 1-1-61 マリエとやま 7階)

・主催 /お問い合わせトウキョウマインドシアター
tokyomind@hotmail.com
・後援日本アーツビジネス学会
・協力NPO総合芸術支援協会